美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。
第31話 豊胸手術の本当の話 その2
豊胸手術を半年前に受けられた40代の女性が先日来院されました。
豊胸手術用のバッグをただ挿入しているだけ、といった認識しかなく、そのバッグの種類や手術方法等はよく判らない、と言います。3ヶ月前に、そのクリニックはなくなっていて困っていたそうです。
診察してみると、胸の形態は大きく変形していて岩のように硬く、うつ伏せでは眠れなかったと。

挿入されているバッグを早急に取り出す(傷は出来るだけ残さずに)必要のある旨を詳しく説明した上で、当日の治療を希望されました。
摘出したバッグは、コヒーシブと呼ばれるシリコンの形状を固体化したもので、バッグの表面がザラザラのテクスチャータイプと呼ばれるもので、その形が左右対称のアナトミカルタイプと呼ばれるものでした。乳腺下に、腋下(わきの下)から挿入されていました。

この手術には問題点がたくさんあります。
まず根本的な事ですが、手術内容をよく理解せずに、させずに手術を行っている点です。お話にならない、と言えばそれまでですが、実はこのような例はいっぱいあります。あまりに安易に手術を受ける方が多いのと、あまりに安易に手術を勧める施設が多いのだと思います。
豊胸手術用のバッグについては、CMCやらハイドロジェルやら、よう解らんものを煽っていた美容外科医がいましたが、案の定それらのバッグは今やあまり見かけません。アナトミカルタイプと言って、胸の形状に近いから良い等と煽っていた者もいましたが、腋下(わきの下)からそのようなバッグを適切な位置に挿入して、しかも拘縮をおこさずになど神業としか言えません。

挙げればきりがないほど問題は多い、深いのですが、脂肪移植を上手に行う美容外科医は実際いますし、人工乳腺(所謂シリコンバッグですが)できれいに仕上げる医者もいます。
ヒアルロン酸の利用もまたしかり、です。
結局は、いい医者選び、になるのですが、上記の方のようにならないよう、もう少しは慎重であって欲しいと思います。

(参考まで)
院長日記 第5話 豊胸手術の本当の話 [2003/8/8]
HOME 初めての方へ(診療の流れ) 院長プロフィール クリニックのご案内 お問い合わせ 費用
心斎橋中央クリニック   大阪市中央区南船場3-12-21 心斎橋プラザビル新館9F (地下鉄心斎橋駅北側改札直結)
電話:0120-303-895
診療時間:AM10:00〜PM19:00(受付・お問合せ業務はAM9:30〜PM19:00)予約制・年中無休
美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。 サイトマップ
バイアグラ処方 【心斎橋中央クリニック】適正な価格でバイアグラ、レビトラ、シアリス処方します。
Copyright © 2008. SHINSAIBASHI-CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.