美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。
第55話 美容外科で使用しているヒアルロン酸について
●シワの治療で某美容外科を受診したところ、「一ヶ月でなくなるヒアルロン酸と3ヶ月でなくなるヒアルロン酸がありますが、どちらにしますか?」と選択をせまられたのですが、、、。
●某(美容)皮膚科で、目の下にヒアルロン酸を注入していますが、2週間もすれば元に戻るので、かれこれ2年近く、毎月注入しているのですが、そちらのヒアルロン酸はどうして1年とか2年とかもつのですか?。

上記のような問い合わせが、昨年あたりから急増しています。

元来、美容目的で使用出来るものはコラーゲン製剤のみでしたが、今ではヒアルロン酸がそれにほとんど取って代わっている、その用途も大きく拡がっている、のが現状です。
眼科や整形外科領域では、ヒアルロン酸は更に古くより利用されていますが、美容目的で使用出来るヒアルロン酸は、液状のものではなくて、シワや凹みの修正を行う必要から、ゲル状の、吸収過程を遅らせたもので、欧州製のものがほとんどです。
ヒアルロン酸は、加水分解を起こして、最後は炭酸ガスと水になって吸収されてしまうのですが、美容目的で開発されたものは、その加水分解を遅らせる特性を持たせています。

欧州では、かなり古くより、数日から一週間程度は有効な注入剤(酪酸等、これも幾つかの種類がありましたが)が存在していましたが、日本ではほとんど受け入れられませんでした。

そこで最初の話に戻るのですが、
美容目的で開発されたヒアルロン酸の場合、その注入の仕方が、意外とそう簡単なものではなくて、それなりの経験を要するので、安易に手を出すとクレームになり易く、また、美容外科業界の凄まじいディスカウント合戦もあって、非常に安価な、整形外科領域で使用するヒアルロン酸を使用する(または混ぜて使用する)医者が一部で増えている、というのが実情だと思います。

ヒアルロン酸注入の治療を受けられる場合、どういう種類のヒアルロン酸を使用するのか、その特性はどのようなもので、持続期間はどの程度なのか、等はしっかり確認しておかれたほうがよいと思います。
HOME 初めての方へ(診療の流れ) 院長プロフィール クリニックのご案内 お問い合わせ 費用
心斎橋中央クリニック   大阪市中央区南船場3-12-21 心斎橋プラザビル新館9F (地下鉄心斎橋駅北側改札直結)
電話:0120-303-895
診療時間:AM10:00〜PM19:00(受付・お問合せ業務はAM9:30〜PM19:00)予約制・年中無休
美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。 サイトマップ
バイアグラ処方 【心斎橋中央クリニック】適正な価格でバイアグラ、レビトラ、シアリス処方します。
Copyright © 2008. SHINSAIBASHI-CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.