美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。
目を開く時、つまり目を開くための筋肉が収縮する際に、上瞼がある位置で引っ張り込まれる状態を二重瞼と言います。解剖学的な話しはここでは避けますが、二重瞼の手術上、唯一大事な要素は、この筋肉(上眼瞼挙筋と言います)の働きにあります。例えば、二重瞼にする事で目がパッチリとなる方は、この筋肉の働きがしっかりしていると言う事になります。このような方は埋没法でも、元に戻る事は非常に小さいと言えます。
逆に、二重瞼になる事で目が小さくなる(つまり、目が開きづらくなる)方は、筋肉の働きが、二重瞼になる事に耐えられない方で、この場合、筋肉の操作が必要になります(上眼瞼挙筋短縮手術、あるいは釣り上げ手術)。
問題となるのはこの中間の方、つまり、二重瞼になる事で多少目は大きく見えるが、目を見開く際におでこの筋肉(前頭筋と言います)を動かそうとする癖のある方です。この場合、埋没法では、元にもどる事があります。その可能性を正確に判断する事が非常に困難ではありますが。
そのため、切開法(部分切開等も含めて)も視野に入れる事になります。巷よく耳にする、何点法だの、瞼板瞼結膜いずれに糸をかけるか等は、全く意味をなしません。

目を大きく見せる事が目的である場合、やはり二重瞼の手術が基本になりますし、その場合、埋没法でおこなうのかあるいは切開の場合どの程度の切開範囲で行うのか、その上で、どのようなラインをつくるのか等、綿密な打ち合わせが必要となります。
もう一つ、上瞼の厚みを気にされて脂肪の除去を希望される方が多いのですが、日本人の場合、元来目の上が腫れぼったいのが普通で、加齢によって少しずつ厚みがなくなり、ついには凹んできます。ですから、若い方は必要以上に脂肪を取り除かない事(早く老けた目になりますので)が重要になります。
HOME 初めての方へ(診療の流れ) 院長プロフィール クリニックのご案内 お問い合わせ 費用
心斎橋中央クリニック   大阪市中央区南船場3-12-21 心斎橋プラザビル新館9F (地下鉄心斎橋駅北側改札直結)
電話:0120-303-895
診療時間:AM10:00〜PM19:00(受付・お問合せ業務はAM9:30〜PM19:00)予約制・年中無休
美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。 サイトマップ
バイアグラ処方 【心斎橋中央クリニック】適正な価格でバイアグラ、レビトラ、シアリス処方します。
Copyright © 2008. SHINSAIBASHI-CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.