美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。
その5 脂肪溶解注射について
1952年、フランスボルドー大学のDr Michel Pistorによって開発されたメソセラピーと呼ばれる治療法があります。その原理は、簡単に言えば、患部の上にある皮膚や皮下に、薬剤を注射で投与すると言うものです。その疾患によって有効な薬剤の組み合わせがあるようで、欧州や南米の一部で行われています。
この手法を利用して、肥満を改善する目的で、幾つかの薬剤を組み合わせたものを注射する手法が、最近日本でも盛んになってきました。

このメソセラピーで、肥満の改善目的で使用される薬剤には、ヒアルロニダーゼ、アミノフィリン、マンニトール、カフェイン、フォスファチジルコリン、ルチン、L-カルニチン等があり、組み合わせも様々です。

脂肪溶解注射と呼ばれる物は、フォスファチジルコリンが主なもので、以前は日本でも新生児の肺疾患等で使用していました。作用機序は、簡単に言えば、付着した組織膜(ここでは脂肪細胞ですが)の表面張力を下げて、なかの脂肪(オイル成分)を排出させる、といったものです。その後の吸収過程を手助けさせる目的で、幾つかの薬剤を組み合わせる場合が多いようです。
ただ、この手法については、完全に確立されたものとは言い難く、まだまだ研究の価値はあるようです。

当院でも、昨年末より、上記のフォスファチジルコリンを主体にした、メソセラピーをおこなっています。
費用の欄へ
HOME 初めての方へ(診療の流れ) 院長プロフィール クリニックのご案内 お問い合わせ 費用
心斎橋中央クリニック   大阪市中央区南船場3-12-21 心斎橋プラザビル新館9F (地下鉄心斎橋駅北側改札直結)
電話:0120-303-895
診療時間:AM10:00〜PM19:00(受付・お問合せ業務はAM9:30〜PM19:00)予約制・年中無休
美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。 サイトマップ
バイアグラ処方 【心斎橋中央クリニック】適正な価格でバイアグラ、レビトラ、シアリス処方します。
Copyright © 2008. SHINSAIBASHI-CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.