美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。
我々日本人は黄色人種ですから、皮膚は一定以上の刺激(主に紫外線であったり、物理的に強く擦る事であったり、細胞レベルでの障害等)を受けると、なんとかその刺激から守ろうとして茶色く(あるいは黒く)なります。

皮膚は大きく分けて、表の皮膚(表皮)と本当の皮膚(真皮)から出来ています。表皮はダメージを受けても再生されるのですが、真皮は再生能力に欠けるので、この真皮層まで刺激が及ぼうとすると、何とか守ろうとします。
表皮の最下層である胚芽層(基底層)に存在する、色を作る能力を持った細胞(メラノサイト)が色素(メラニン)を生成して、なんとか刺激をこの色素に吸収する事で食い止めようとするのです(胚芽層の細胞遺伝子を保護する目的で)。夏場海水浴で黒くなるのはこのためで、刺激がなくなればこの色素は吸収されてなくなるようになっています。白人の場合は、メラノサイトのメラニンを生成する能力が低いため、紫外線の強い地域では、皮膚へのダメージが大きい事になります。日本人はその意味では、肌が丈夫である(アレルギー疾患は別にして)と言えます。ただ、色の白い方(羨まれますが)は、刺激から皮膚を守る能力が弱いわけですから、老化しやすい(一定以上の紫外線等の刺激を受けると)と言えます。

シミはまさしく、上記のように、自分の肌を守ろうとしている結果なので、守る必要のない状態にする必要があります。そのため、その刺激の原因によって、シミは幾種類かに分類されますし、治療法も異なる事になります。
皮膚科で老人性色素斑と診断されたのだが、なかなか消えないので何とかなりませんかと言う若い(間違っても老人とは呼べない)受診者の方が多く来院されます。このタイプは(境界型のシミと私は呼んでいますが)、色素レーザー(Q発振の)による治療の適応になります。この場合も、やはりその原因について御本人に理解していただく事が、現在あるシミをなくす事以上に重要(他の場所にまたシミが出現しないためにも)となります。
HOME 初めての方へ(診療の流れ) 院長プロフィール クリニックのご案内 お問い合わせ 費用
心斎橋中央クリニック   大阪市中央区南船場3-12-21 心斎橋プラザビル新館9F (地下鉄心斎橋駅北側改札直結)
電話:0120-303-895
診療時間:AM10:00〜PM19:00(受付・お問合せ業務はAM9:30〜PM19:00)予約制・年中無休
美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。 サイトマップ
バイアグラ処方 【心斎橋中央クリニック】適正な価格でバイアグラ、レビトラ、シアリス処方します。
Copyright © 2008. SHINSAIBASHI-CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.