[本日のカウンセリング]瞼のタルミ | [美容外科/美容整形]心斎橋中央クリニック
 
第84話 瞼のタルミ(2022/01/16)

20年程前に二重埋没法の手術をしたのですが、最近瞼にたるみが出て二重の幅が狭くなりました。たるみを切り取ってほしいと、50代の女性の方がご来院下さいました。

先生が拝見すると、切る程のたるみは無く埋没法の応用手術で十分との事。
瞼のたるみがまつ毛にのり、マスカラが塗れない、アイラインが綺麗に引けない、見えない等、昔の様に綺麗にメイクが出来ない事がお悩みの方にも非常におすすめの手術です。

この手術は埋没法による二重の手術と同様、糸を使って特殊な方法でたるみを押し込んでいきます。切らないのでハレ、内出血など、かなり少なく済みます。手術直後は若干ですが、二重のラインがぐっと奥に入っている感じや、二重の幅が広い印象があります。これらは一時的なものなので、必ず和らいでナチュラルな仕上がりになります。

患者さんは切ることを覚悟されていたらしく、「切らずにタルミが改善できるのであればぜひお願いします!」と、2月でのご予約を取って帰られました。

HOME 初めての方へ(診療の流れ) 院長プロフィール クリニックのご案内 お問い合わせ 費用
心斎橋中央クリニック   大阪市中央区南船場4-3-2 ヒューリック心斎橋ビル2F(地下鉄心斎橋駅3号出口徒歩2分)
電話:0120-303-895
診療時間:AM10:30~PM6:30(お問合せ業務はAM10:00~PM7:00)予約制・年中無休
美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。 サイトマップ
バイアグラ処方 【心斎橋中央クリニック】適正な価格でバイアグラ、レビトラ、シアリス処方します。
Copyright © 2008. SHINSAIBASHI-CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.