[本日のカウンセリング]二重手術のダウンタイムについて | [美容外科/美容整形]心斎橋中央クリニック
 
第93話 二重手術のダウンタイムについて(2023/01/12)

ダウンタイムについてご存知ですか?
お問い合わせをいただく時に、多くの患者様がダウンタイムについての質問をされます。
ダウンタイムとは、“手術を受けてから通常の生活に戻るまでの期間”の事を指します。仕上がるまでの期間ではありません。

例えば、埋没法による二重手術の場合、ダウンタイムは基本的に1週間程度です。術後の目立った腫れは、3~4日程度で落ち着きます。だいたいは1週間ほどで気にならなくなり、1ヶ月もすれば仕上がります。

ダウンタイムに見られる症状には、腫れ以外にも突っ張り感やゴロゴロするといった違和感、内出血があります。こうした症状は両瞼で同じように出るとは限りません。片目だけ腫れが長引くことや、強く出る事もあります。また、左右差が生じることや、片目だけ内出血が出る事もあります。

もちろん個人差はありますが、徐々に症状はなくなっていきます。あくまで一時的な症状ですので、ご安心ください。(内出血などは治まるのに2週間程度の期間が必要となることもあります。)

<< 前ページ    

INDEX

HOME 初めての方へ(診療の流れ) 院長プロフィール クリニックのご案内 お問い合わせ 費用
心斎橋中央クリニック   大阪市中央区南船場4-3-2 ヒューリック心斎橋ビル2F(地下鉄心斎橋駅3号出口徒歩2分)
電話:0120-303-895
診療時間:AM10:30~PM6:30(お問合せ業務はAM10:00~PM7:00)予約制・年中無休
美容外科/美容整形 二重、しみ、バストアップ、脂肪吸引、多汗症、シワ、タルミなどの悩みにお応えします。 サイトマップ
バイアグラ処方 【心斎橋中央クリニック】適正な価格でバイアグラ、レビトラ、シアリス処方します。
Copyright © 2008. SHINSAIBASHI-CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.